当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

SFAのメリットをQ&Aでご紹介《働くDB》

  • HOME
  • SFAって何?

Q1:SFAって何?

ITを利用して顧客情報や日報の管理・共有をする業支援システムのことです

SFAとは、Sales Force Automationの略で、顧客情報や日報、商談履歴などを一元管理する、営業支援システムのことを言います。
SFAを導入することで、一般的に以下のような効果が上がると言われています。

  • 1営業現場や管理職の業務効率が向上する
  • 2チームプレイが促進される
  • 3営業スタッフ1人1人の営業スキルが向上する

その結果、受注率・成約率が改善し、売上向上につながることが期待されます。

働くDBはここがポイント!
働くDBは、パソコンが苦手な方もカンタンにご利用いただけるよう、使いやすい操作性や導入のしやすさをトコトン追求して作られたSFAです。

Q2:SFAを使うと営業管理がどう変わるの?

①顧客・案件などの営業情報を 「一元管理」できます。②営業スタッフ1人1人の活動を「見える化」できます。
  • 1営業現場や管理職の業務効率が向上する

名刺・エクセル・アドレス帳などバラバラに管理されている顧客情報や商談履歴、キーマン情報など、営業情報すべてを一元管理することができます。

  • 2SFAで営業活動を見える化する

営業スタッフ1人1人のスケジュールを共有することで、無駄な行動の確認や、業務の効率化に役立てることができます。また、案件ごとに商談履歴を時系列で確認することができるので、営業スタッフがどのような活動をしているのか、簡単に確認することができます。

  • 一元管理
  • 見える化
  • 売上UP
働くDBはここがポイント
一元管理された顧客情報を、様々な条件で絞り込み検索し、活用することができます。

Q3:クラウド型SFAのメリットって何?

低価格で運用できて、すぐに利用を開始できることです。

通常SFAを導入しようとすると、システムの開発・運用・セキュリティ対策・システムトラブルの対応など、莫大な初期費用と運用コストがかかります。
クラウドとは、インターネットがつながればすぐにシステムを使うことができるサービスのことを言います。
クラウド型のSFAは、セキュリティやシステムトラブル対策、定期的に発生するバージョンアップ作業などはサービスを提供している会社がすべて対応するので、お客様が自社でエンジニアをかかえたり、トラブル対応をしたりする必要はありません。結果、人件費やサーバー購入などの費用はかからず、コストを大幅に抑えることができます。
また、インターネット環境さえ整っていれば、インストール作業などは不要で、お申し込み後すぐにご利用を開始できることも大きなメリットです。

働くDBはここがポイント!
働くDBはクラウド型のSFAですので、低価格でカンタンに導入をすることができます。また、クラウド導入実績3万2000社のラクスだからこその万全のセキュリティとサポートを兼ね備えています。
クラウドからだ低価格・少人数でもご利用可能・豊富な導入実績

各種お問い合わせ

まずはお気軽に問い合わせください。 「詳しい料金プランが知りたい」「昨日の詳細が知りたい」など一目でわかる資料をご用意しております。

  • 無料トライアル
  • 今すぐ資料請求
何でもご相談ダイヤル03-5369-4845

▲ ページトップへ戻る

  • 無料トライアルお問い合わせ
  • 今すぐ資料請求
販売パートナー制度について
販売管理システム働くDB
株式会社ラクスは個人情報を適切に管理しています

株式会社ラクスは個人情報を適切に管理しています。