当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

SFA、営業日報、顧客管理は働くDB

  • HOME
  • Easy Sales v2.4の機能のご紹介

Easy Sales v2.4の機能のご紹介

Easy Sales v2.4 の強化ポイント紹介

働くDBはv2.4になり、"Easy"な特徴はそのままに、営業成果に結び付けるための多くの機能追加・改修が行われました。以下では、働くDBの特徴的な機能と、v2.4での強化ポイントをご紹介します。
機能一覧へ

(1)直感的で、馴染みやすいインタフェース

ここがポイント!

働くDBは、営業手帳やグループウェアのような多くの人に馴染み深いユーザインタフェースを持っています。

カレンダー表示

一覧表示

ここがポイント!

毎日の業務の中で良く使う画面は1クリックで呼び出し。全機能がドロップダウンメニューに整理され、また良く使う画面は"クイックメニュー"として常時表示させておくことが出来ます。

メニューの強化

活用例

ある会社では、営業担当が日々行うことは営業活動の報告と、日報の提出だけ。加えて、週次MTG前には、チーム内の売上進捗は把握しておくことがルール化されています。

このような場合には、「営業活動報告」、「日報提出」、「チーム売上進捗」という3つのクイックメニューを設定しておけば、この3つのメニューだけを使って業務を簡単に回せます。

メニューの強化

ここがポイント!

ある日に実施予定だった営業活動が、都合によって翌日へリスケが必要、なんてことは良くあります。働くDBでは、スケジュールをドラッグ&ドロップして直感的にスケジュール変更が可能です。

クリックしてドラッグ&ドロップデモを見る

スケジュール変更

ここがポイント!

一覧画面を目的に応じてカスタマイズするのも、ドラッグ&ドロップで簡単に。もちろん、変更後のレイアウトはクイックメニューに登録して簡単に呼び出せます。

クリックしてドラッグ&ドロップデモを見る

レイアウト変更

ここがポイント!

働くDBは、3G以降の多くの携帯電話に対応しています。

出先で予定や訪問先の顧客情報、過去のやりとりの履歴を参照したり、移動中に日報を書くことが出来、日報提出のために帰社する必要もありません。

携帯画面

(2)案件型(新規開拓)営業、ルート型営業など幅広い営業スタイルに対応

ここがポイント!

ルート営業のように、沢山の顧客に対して、並行して営業を行う場合には、計画的な訪問が必要になります。

働くDBでは、自分の担当顧客(案件)一覧と、カレンダーのマトリックスを表示し、素早く訪問計画を投入できます。投入された予定はアイコンや、マウスオーバーによるポップアップで一目で把握できますし、実施済の予定は色が変わって、実施状況を俯瞰することが出来、漏れない活動を支援します。

実施できなかった予定はもちろんドラッグ&ドロップで簡単にリスケ可能。

案件別スケジュール表示

ここがポイント!

案件型営業では、受注までの進捗ステップが細かいことが多く、また各ステップで行うべき活動が異なってきます。

働くDBでは、この受注までのステップ(営業フェーズと呼びます)と各フェーズで行う営業活動を"営業プロセス"として定義して、それに沿って案件を動かすことができます。

営業プロセス

図:営業プロセスの例


営業プロセス

図:案件進捗状況一覧の例

(3)"ずっと便利"を支える高いカスタマイズ性

ここがポイント!

顧客情報や案件情報、日報(営業活動報告)の管理項目は、必要に応じて項目数の制限無く自由に追加・編集・削除することが出来ます。項目の種類も、テキスト入力だけでなく、セレクトボックスやチェックボックス、ハイパーリンクやファイル添付など多数ご用意しています。

案件登録

図:管理項目はいつでも増減可能

(4)蓄積される各種情報は、働くDBが自動的に整理・メンテナンス

ここがポイント!

働くDBの顧客情報は、下図のように「企業情報、事業所・部署情報、顧客担当者情報」(総称して顧客情報と呼びます)の間で階層構造を持っています。

また、顧客との間の取引情報を「案件情報」と呼び、この案件情報と顧客情報の間には、相互に検索のための関連付けが自動的に行われます。

企業情報参照画面

さらに、日々の営業活動内容は、案件情報に紐付いた「営業活動報告」として管理され、ある顧客に対する過去の活動を一覧するなどが簡単に行えるようになっています。

顧客情報検索

ここがポイント!

顧客情報や案件情報は、一度登録すれば終わりではなく、営業活動を通じて更新し、常に最新の状態を保つことで、その価値が発揮されます。

働くDBでは、日々の営業日報(営業活動報告)を書くだけで、同時に案件情報や顧客情報が自動更新させることができるため、手間をかけることなく、情報を最新に保つ事が出来ます。

顧客情報検索

(5)多彩な集計、分析機能

ここがポイント!

蓄積した営業情報(案件情報)に対して、様々な絞り込み条件・集計項目に対してクロス集計を行い、多くの切り口から分析を行うことができます。

例:
・月別/営業担当別受注件数集計
・チャネル別受注分析
・要因別失注分析
・案件確度別売上げ予測
・案件進捗(営業フェーズ)別売上げ予測
    :
    :

チャネル・ユーザ別受注分析

図:チャネル・ユーザ別受注分析

縦棒グラフ

図:積み上げ棒グラフ(担当別顧客数)

円グラフ

図:円グラフ(失注要因)

各種お問い合わせ

まずはお気軽に問い合わせください。 「詳しい料金プランが知りたい」「昨日の詳細が知りたい」など一目でわかる資料をご用意しております。

  • 無料トライアル
  • 今すぐ資料請求
何でもご相談ダイヤル03-5369-4845

▲ ページの先頭へ

  • 無料トライアルお問い合わせ
  • 今すぐ資料請求
販売パートナー制度について
販売管理システム働くDB
株式会社ラクスは個人情報を適切に管理しています

株式会社ラクスは個人情報を適切に管理しています。